るーくるーむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

価値順位

本当に価値順位というのは大切です。

子どもが些細な不正行為に目くじらをたてたり、ひどく混乱するのも

魂の大小にかかわることを本能でわかっているからでしょう。



本題に入ります。

脳というのはエンジンに似ている。 というより生物をベースにエンジンは発明されたのでしょうけれども


エンジンに空気を送る=空気を吸う

ガソリンを送り込み爆発させることでエンジンが稼働= 血液を脳にとどけ処理 認識などが行われる


エンジンを冷やす = 頭を休ませる



乗り物にとってエンジンというのは一番大切でそして見ている者を魅了させる。



けども、狭い道を猛スピードで駆け抜ける。

スピードに酔いしれハンドル操作をおろそかにする。


こんなことが本当に大切なのか。


子どもがみれば危ない人でしかない。


徳川家康も
人生はホトトギス探し いや失敬

人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し。急ぐべからず。

とおっしゃられている。


道相応の速度をだすこと。

しっかりとしたハンドルさばきをもつこと。


危ない道はライトを照らすこと。


軽く尋ねられたことに全速力で応えない。


信じ込むのが大切などと道無き道を一直線に突き進まない。


悪い奴ばかりだからと暗闇に入り込まない。



簡単なことばかりです。




適切な速度で余裕を持ってハンドルをとり 道行きが暗くなれば明かりを照らす。


子どもはこういったものに安心感を覚えるでしょう。




優先順位


しっかりとしたハンドルさばき
スロットルの加減

スピード


だと思います。
スポンサーサイト
  1. 2010/03/21(日) 14:02:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。